ブログ

賀陽技研ニュース 10月号

事業継続計画

BCP

BCPとは事業継続計画のことで、緊急時への対応力を向上させることを目的としています。弊社では、災害などにより事業継続が困難に陥った場合でも、お互い様BC連携により連携先の工場で生産し続ける計画を立てています。
写真:BCPについて学ぶために、香川県の小学校の先生が弊社へ見学に来られました。

今月のトピックス

閑谷学校

閑谷学校(岡山県備前市)は、江戸時代に岡山藩によって開かれ、現存する庶民のための公立学校としては世界最古です。講堂(右写真)は国宝に指定されており、昔ながらの学習体験(要問合せ)ができます。岡山駅からは、鉄道とバスで約1時間です。庶民教育の原点とも言われる閑谷学校で、勉強の楽しさ、大切さを感じてみませんか?

賀陽技研の技

リブ・ビード加工

平板のプレス加工では、強度不足になる箇所ができることがあります。その場合、強度不足の恐れがある箇所にリブ加工やビード加工で強度増加させる必要があります。
リブ加工とは曲げた部分、ビード加工とは平板部分の補強加工です。細かい作業ですが、適正な強度を得るために必要な工程となります。賀陽技研では薄板のプレス加工を得意としているため、薄板の補強加工もおまかせください。

平成29年10月1日発行

編集:株式会社賀陽技研