社員インタビュー

平成24年に社長がつくりあげた経営指針はすんなり受け入れられる内容で、会社自体もいい方向に進んでいると思っています。
私は現場の担当者ですが、その責任の大きさ、重要性を重く感じています。もっと社員が自立して、役割を認識し、夢を持ってもらうには、私がもっともっと頑張らないとと思います。小さな規模の会社ですが、持続性のある金型、耐久性のある金型を作れる実力があります。良さをもっと伸ばすために、私を含めみんなに社会人としての成長が必要だと思っています。
まだ、現場で手一杯ではなく、もっと社員の成長のために出来ることを進める、会社全体の事に行動を起こすことをしていきたいと思います。

常務 平松

18歳で入社し30年がたちました。やはり、モノづくりはおもしろいです。製造にあたる金属プレスは、一つの繰り返しで結構早く覚えられたと思います。今は、金型を作っています。金型は覚えることも多いため四苦八苦しました。メンテナンスといって金型の調整からはじめました。仕上がった金型をばらして構造を覚えていきました。金型を作り直すと、材料もかかるし、時間もかかるのでみんなに迷惑をかけます。大きな失敗から小さな失敗までいろいろな経験をさせてもらいましたね。今は、若い方に教えることも大きな役割です。それぞれの現場ごとにあわせての調整やコツがあるので、覚える方も大変ですが、粘り強くわかるまで伝えていきたいです。会社の雰囲気はアットホームで、和もとりながらしっかり話し合いが出来る環境だと思います。そんな中でも守らないといけないところには社長は厳しいです。そこも、共感できているので、いい感じに進んでいると思っています。

プレステクニカルマネージャー 田中

賀陽技研の雰囲気は、コミュニケーションが取れていて居心地がいいです。私の仕事は、図面作成や見積もり業務でお客様との仕事の始まりです。そのため、遅れるとすべてに影響するため、大きな責任、重要な仕事だと感じています。金型は設計が何より重要なので、まだまだ磨いていきたいと思います。会社の掲げる目標は、かなりいい刺激になっています。社員一丸になって、みんなが責任を持った社員に成長できればと思っています。やっぱり、私はモノづくりが好きなんだと思います。若い方へのメッセージとして、モノづくりの大切なところは、やる気かなと思います。
やる気があれば、どんどん試して、磨いていけると思います。

モールドデザインマネージャー 小林