技術紹介

CAD/CAM/3D金属加工

金型製作で培った金属加工技術により、3Dスキャナや3次元CAD/CAMなどの金属加工マシンを駆使して、一品物の製作を行います。
CAD/CAM

完成までの流れ

1.   2.   3.
設計・CAD 3D金属加工(1) 3D金属加工(2) 完成品
先ずはCAD図を起こします。(CADとは?)   CAD図を元に加工製造するとこの様になります。(その他の3D金属加工を見る)   更に金工師さんや白銀師さん、工芸師さんの手に掛かって完成です。


CAD

弊社はソリッドワークス(3次元CAD)にて設計を行います。
お客様よりお預かりしたサンプル製品や製品図面、イラスト等を基に描き上げます。
CAD


CAM

NC工作機械を高精度・高速度・最適条件で切削加工させるため、CADで作成した設計データを加工用のNCプログラムにほぼ自動で変換し、製造工程へ供給します。

3D金属加工

3Dデータからダイレクトに金属部品を造形で製作します。
2次元加工では平面の加工が精一杯ですが、3次元加工では、切削加工では不可能な曲面のような複雑な加工が可能で、立体的で様々な形状の製品を製造できます。
右の写真は金型を製作している様子です。機械を用いる工程が多いですが、最終チェックは職人が丁寧に行います。
CAD/CAM



3D金属加工例

互換ファイル

  • CATIA Graphics ファイル (cgr)
  • ProE/Creo ファイル (prt,xpr,asm,xas)
  • Adobe Illustrator ファイル (ai)
  • Adobe Photoshop ファイル (psd)
  • Parasolid ファイル (x_t,x_b)
  • DXF ファイル (dxf)
  • DWG ファイル (dwg)
  • IGES ファイル (igs,iges)
  • STL ファイル (stl)
  • SolidWorks ファイル (sldprt,sldasm)     他