ブログ

賀陽技研ニュース 7月号

今月のトピックス

入社式

6月に新たに若い新人が入社しました。年々若い社員が増え、先輩たちを越える人材になって欲しいと期待をしています。また同月には、教育実習生としてインドネシア人が3人入社し、パートさんを含めて29名になり、とても嬉しく思います。私たち賀陽技研に新しい風が吹き、社員の皆さんにも良い影響があれば良いと思います。加えて他国の文化との触れ合いの中で、会社としてだけでなく人としても高みを目指していきたいです。彼らが日々成長し、一日も早く一人前になれるよう私たちも頑張りたいと思います。

満奇洞(まきどう)

満奇洞は、江戸時代末期、猟師が狸を追っているとき発見したといわれ、古くから知られてきました。満奇洞の内部は高低がさほどない全長450mの洞窟が続いており、雄大な地底湖があり竜宮城のような橋がかけられています。また、数々の鍾乳石がライトアップされ幻想的な雰囲気が楽しめるようになっています。幻想的な満奇洞へ行ってみてはいかがでしょうか。

賀陽技研の技

ヒートシンクもお任せください

アルミ素材には、「軽い」「さびにくい」「電気をよく通す」など、多くの特性があります。その中で鉄の3倍の熱伝導率を持つアルミ特性を活かし「ヒートシンク」の製作を試作品から金型、量産品まで行いました。電気装置は、内部に熱がこもりますが、「ヒートシンク」は熱を装置の外へ逃がす役割をします。そのため別名「放熱板」ともいいます。今回は、アルミ素材の面積をより多くするため、ジャバラ形状になっています。それにより多くの熱を効率的に逃がす構造となっています。
令和元年7月1日

編集:株式会社賀陽