ブログ

賀陽技研ニュース 7月号

2020年08月21日

今月のトピックス

出荷場改善

出荷準備作業での、出荷伝票の記入などをする際に空箱を3段重ねたものを台代わりにして作業していました。ベテラン社員がずっとそのように使っていたのですが、退職することになり出荷準備担当者が交代になりました。新しい担当者が、不安定で作業がやりづらく戸惑っていたため、作業者の希望もあり、専用の机を購入しました。作業効率もよくなり、以前よりも文字がきれいに書けるようになりました。足にコマがついているので、場所の移動も簡単にできるようになりました。


 

吉備中央町・川合神社

賀陽技研から車で15分程の所にある川合神社を紹介します。川合神社が出来たのは古代に遡ると言われ、先年、神殿の遺跡を発掘したところ弥生時代の土器、石器が見つかり、人々を驚かせたそうです。上房郡誌によると大昔は川合山のみねに建てられ、正徳5年にいまの地に奉遷されました。山の上に建てられていた川合神社は、地を移し、いまでは地元の人の身近な神社として親しまれています。正月の初詣や、夏祭りなどに地元の人も多く訪れています。


賀陽技研の技

新たな加工法

リベッティングマシンを新たに導入しました。リベッティングマシンとはカシメ機でリベットの頭を潰す機械です。二つの部品を結合させる時に使う工法で、ボルトとワッシャー留めでは振動や衝撃で外れてしまう恐れがあります。留め金を金属加工するカシメ工法をすると半永久的につながった状態を保持できます。リベッティングマシンは、回転しながら加圧を繰り返すカシメ盤を使用していて、それにより小さな力で大きくリベットを変形させる事が出来、デリケートな製品や精度を求められる作業に適したカシメ方法です。  


 
令和2年7月1日
編集:株式会社賀陽技研