ブログ

賀陽技研ニュース 10月号

2020年11月01日

今月のトピックス

BCB机上演習

社内でBCPの机上演習を開催しました。テーマは「もし、会社の中でコロナウイルスに感染している人がいたらどうするか」で、他の社員と多くの相談をして、みんなでたくさんのアイデアを出しました。私がいた班の中で出てきた意見は、製品の在庫を持っておくことと、連携先ともっとコミュニケーションを取るという意見が出ました。班の人たちと話して、私も普段からよく手を洗ったり、マスクを着けて、感染しないように日頃から気を付けようと思いました。


 

風の家(と妖怪スイトン)

真庭市蒜山にある道の駅『風の家』にはヒマワリ畑があります。小さいながらも毎年畑一面に咲く様は蒜山の夏の風物詩となっています。そのヒマワリ畑のそばにスイトンと呼ばれる妖怪のトーテムポールが立っています。スイトンは悪いことを企んだり、迷惑をかけようとする人の前に『スイー』っと現れて『トン』っと一本足で立ち、食べてしまうそうです。そのおかげか蒜山には悪い人がいないと言われています。蒜山に立ち寄った際は、一度見に行ってみるのはいかがでしょうか?


賀陽技研の技

MicrosoftTeamsの導入

賀陽技研ニュース6月号にて、リモートワークの導入をテーマにした記事を掲載させていただきました。その後、社内では社員間の連絡網構築としてMicrosoft Teamsの導入を進め、現在では万が一の際の連絡網だけではなく、日常業務の連絡手段として定着しつつあります。しかし、Teamsだけの一方通行なコミュニケーションにならないよう、人と人とが顔を合わせて話をすることを社員全体が大切にしております。社員を大切にする考え方が定着していることも賀陽技研の技なのです


 
令和2年10月1日
編集:株式会社賀陽技研