賀陽技研の技

プレス加工

ISO9001取得、高品質を目指して

昭和48年から創業し、硬い金属と向き合い、切る、曲げる、穴を空けること40年余り。小さなものは、1センチ足らずのモノの金属プレス加工・プレス金型の作製から、大きなものは、30センチ程度の金属プレス加工・プレス金型の製作に取り組んで来ました。

2006年10月16日には、ISO9001取得といった大きな進化の流れもありました。 ISOを取得することによって、賀陽技研のプレス品の品質も格段にレベルアップするとともに大きな信頼を獲得。お取り引き先も数も増え、金型だけの依頼も受けるようになりました。

プレス加工

プレス加工の方法

自動成形(順送型加工)
自動成形
当社では、SECC-20/20 t=1のコイル材から自動で、抜き、曲げ、ビード、リブを一つの金型の中で加工し金型台から出てきた時には、右の写真のような製品を作ることが出来ます。こうした順送金型を作るのを得意としています。
プレス曲げ(曲げ加工)
プレス曲げ
小さなプレス製品(長さ10mm巾3mm、材質が、真鍮板C2680、板厚0.5mm、公差が±0.1)のプレス加工からプレス金型の製作、また厚さ4.5mmのSPHC(熱間圧延鋼板)の曲げ製品(およそ手の平サイズ)のプレス加工からプレス金型の製作を当社は得意としています。
プレス穴開け(抜き加工)
プレス穴開け
厚さ1.0mmのSPCC(冷延鋼鈑)にピッチ1.7mm間隔でφ1.1の穴を同時に352個を開ける加工、厚さ4.5mmのSPHC(熱間圧延鋼鈑)に直径約25mmの穴を開ける加工、2mmの銅板に1mmの小穴を開ける加工をしています。
リブ・ビード
リブ・ビード
自動車部品の中には、結構複雑なものだけでなく、部品の面部分を強化したい為にリブやビード(ひも出し加工)と言われるものがあります。こうしたプレス加工品を製作するにはリブやビードの深さによって、周りの部分が引張られるため、難しい加工になります。
薄い金属板の加工をメインで行ってきた当社は、このような特殊加工と得意としています。
絞り加工
絞り加工
金属の板を植木鉢のような形状にする加工があります。これを絞り加工といい、当社でも行っています。
バーリング
バーリング
プレス加工部品に下穴をあけ、その縁を成形加工(フランジ加工)する工程で、製品によっては、その縁にバリがないようにすることが求められることもあります。いかに板が割れることなくバーリングできるかが重要です。
当社にはそのノウハウが詰まっています。
圧縮加工(刻印)
圧縮加工
文字通り、金属プレス加工品の表面に製品の品番等を刻み付ける加工です。当社では、3D-CADを駆使し、立体形状にも刻印をつけることができます。


設備についてはこちら
製作・加工実績はこちら


お問い合わせはこちら