ブログ

賀陽技研ニュース 1月号

今月のトピックス

200トンプレス導入

 この度、賀陽技研のマシン達の中に新たなマシンが加わりました。以前まで最大であった、150トンプレスを上回る、200トンプレスです。その大きさ、迫力は当社にある他のプレス機とは正に段違い!といったところ。今まで困難であった、さらなる厚みのある製品や、大型の金型も200トンプレスの導入によって運用可能となりました!大きなプレス機も加わり、さらなる発展を迎える賀陽技研の今後に、ご期待ください。

 

吉備中央町

 岡山県の中心にある吉備中央町は、自然が多い町です。その吉備中央町には地元の人はもちろん、いろいろな場所から訪れる人が集まる吉備高原都市という施設があります。ここでは夏祭りなど季節のイベントやマルシェなど、イベントがたくさんあります。普段は静かで落ち着いた雰囲気ですが、こうしたイベントが開催されるとたくさんの人が集まりとても賑やかな雰囲気になります。 緑が多く草原もあり、ちょっとした散歩コースなどにも最適です。一度この自然の多い吉備中央町を肌で感じてみてはいかがですか?

賀陽技研の技

技を継ぐもの

 創業、昭和48年、吉備中央町(旧賀陽町)のこの場所で賀陽技研の元となる会社がスタートしました。その後45年間、代々受け継がれていく技の数々。現在、第3世代が新たにその技を少しずつ、習得していっています。その昔、たとえば、金型設計が、手書きのドラフターから、CADへとデジタルな分野へ技術革新が起こったように、この若い力が技術の変革にともない、賀陽技研を新たなステージへと引き上げてくれることでしょう。賀陽技研の技を継ぐものとして。

平成31年1月1日発行

編集:株式会社賀陽技研