ブログ

賀陽技研ニュース 4月号

今月のトピックス

プレス機の導入 

私たち賀陽技研では3月13日に45トンプレスと60トンプレスを導入しました。今までは複数工程ある製品をプレス加工するのに1工程ずつプレス加工をしていましが、プレス機が増えた事により、複数工程あるプレス加工を並べて出来るようになりました。新しく導入したプレス機を効率よく、フル稼働させることにより生産効率の底上げにつながる事と思います。

備中国総社宮

 備中国総社宮は、総社市総社にある有名な神社です。備中国総社宮には総社ができる以前、仁徳天皇の皇妃・八田皇女の名代として八田部(八部)が設けられたといいます。のち御友別(応神天皇妃の兄)の子孫が当地に移住し国造となり、野俣神社(現 境内社の沼田神社)を建て周辺一帯の総社としたとされています。周辺は門前町・宿場町として発展し、のちの総社市の礎を築いたとされている歴史ある土地です。まだ行ったことが無いかたは足を運んでみてはいかがでしょうか。

賀陽技研の技

金型の用途によって

 私たち賀陽技研では、試作から量産までの一貫した体制で金型製作を行っています。 金型のサイズは製品の大きさや金型の形式によって変わっていきます。同じ大きさの製品でも金型のサイズは小さかったり大きかったり様々です。設計段階としてどうすれば作業者が使いやすい金型ができるか、どうすればコストがかからず製作できるか、加工がしやすいかなど後工程のことも考えて製作を進めていきます。こうしていままでなかったこの世にひとつの金型が出来上がっていくのです。プレス加工・金型に関してもお気軽にご相談ください。

平成31年4月1日発行

編集:株式会社賀陽技研